自重トレーニングで引き締まった身体を作る

皆さんは筋力トレーニングをする時、どのようなことに注意してトレーニングをしますでしょうか。また、何を目的として筋力トレーニングをしますか?筋肉が隆々としたマッチョな体を作りたいのでしょうか?細マッチョと言われるきれいなボディーラインを作りたいでしょうか?ラグビーやアメリカンフットボールなどのがっちりとした筋肉を付けたいわけでなければ、自重トレーニングで筋肉をつけて行くことが望ましいと私は思っています。荷重トレーニングで鍛えた筋肉と言うのは、トレーニングの負荷をものすごくかけなければならないと言うことや比較的辛いトレーニングになってしまうので、ボディーラインを作るのであれば荷重トレーニングはおすすめできません。
そもそも自重トレーニングとは、どういうものなのかと言うと、自分の体重を負荷として行うトレーニングのことです。代表的なトレーニングの例として、懸垂や腕立て伏せ、スクワットなどが挙げられるでしょう。このようなトレーニングをしっかりと絞りたい筋肉を意識して、また効率よく使うことができれば引き締まった体は簡単に作ることができます。
懸垂であれば、しっかりと肩幅以上に手を広げ、大胸筋といった胸の筋肉や、広背筋や僧帽筋といった背中の筋肉などを意識することが大事です。回数を重ねれば一概に良いと言う事でもなく、自分ができる範囲で、自分のできる限界値をめがけて行うことが良いと言われています。無理をせずにしっかりと自分に合ったトレーニング方法とトレーニング回数を見つけていくことが大事です。

関連ページ

広い背中にする方法
広い背中にする方法について調べてみました
筋トレはすごくいいことなんですよ!
筋トレってすごくいいことなんです!詳しく調べてみました!
無理せずに良く考えながら筋トレする事の大切さをご紹介します
筋トレは無理せずにすることが大切!詳しく調べてみました!
お腹のインナーマッスルを楽に鍛える方法はこちら
お腹のインナーマッスルを楽に鍛える方法を詳しく調べてみました!